アートが、枠に対して問題提起をし既存分野を拡張するとすれば、この音楽と医療の対話はアートである「見えないものに、耳をすます 」

友人の稲葉俊郎さんと音楽家大友良英さんの書籍です。 実は、NHKのSwitchの放送を数回見たので、書籍はいいかと思っていましたがそれは大間違いでした。 本書の約半分は放送後に二人が再会し、更に対談したり、10の質問や無…Read More »

保育体験で乳幼児の保育園ライフを追体験して、日常生活に活かす

我が家の1歳3ヶ月になる子どもは、10ヶ月になった2018年9月から認可保育園に通いはじめました。地域密着で20年あまり小規模保育園として運営されてきた私立の保育園の大規模園です。理念のしっかりした保育園で、小規模保育の…Read More »

星野道夫さんと螢明舎に教わった、自分にとってのアラスカ的存在を見つける旅

30歳代の僕のヒーローは星野道夫さんでした。エッセイ集「旅をする木」がそのきっかけで、2008年頃に千葉県で行われた展示会にも足を運びました。写真よりも、僕はより文章に惹かれます。 入社6年目から務めていた会社の中国法人…Read More »

母の友「スマホとどうつきあう?」特集を読んで決めたこと

2月の少し日差しがぽかぽかとして気持ちいい日曜の午後、1歳3ヶ月の子供と公園にいって滑り台してきました。 武蔵小山のパルム商店街にほど近い公園には、もう一組のお父さん(おしゃれでスマートそうな30代くらいの方)と4歳くら…Read More »

1 2 3 4 5 6 7 10