Winter South East London 2013

TOP > PHOTO WORKS > Winter South East London 2013

2013年冬、2年目を迎えたロンドン生活。通っていた芸術大学で路上の観察と撮影を二週間に渡って行った。「路上写真はしんどいのだ。なぜなら思ったより何も面白いことは起きないからだ。ただ舞台となる場で観察を続けることだ」と教授は言った。確かにこれといって衝撃的なシーンは起きなかった。それでも、今ある姿を観察しながら、見えるはずもないその土地や道に起きた過去のできごとに思いが及んだものだった。この先、土地と人との記憶を探るPsychogeographyに関心を持つようになるきっかけのひとつとなる体験になった。