借景の中で

9月の末、3年ぶりくらいに南伊豆のしいの木やまにやってきた。

一度は、学生時代ゼミ合宿のあと、男ばかりの裏合宿で。そのときオープンしたばかりだったらしい。

二度目は、2010年の暮に上海勤務中に年に一度の人事面談の後に一人で。

三度目は、会社を辞めて二週間ほど住み込みで働かせてもらった。

四度目は、家族とカフェに挨拶に訪れ、五度目は姙娠9ヶ月になろうとしている妻と。

二人(ひとりはまだお腹の中だが)に味わって欲しい美味しい料理、そもそも水が飲んでよし風呂に入ってよしの名水。そして晩秋の虫の音。大きな窓から見える自然の移ろい。

便利で住むんには気に入っている品川もいいけど、ここに来ると身体が生き返っていく感覚が得られる。

また、生まれて落ち着いたら来たいねと話した。

しいの木やま

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください