猫の公園の桜

勝手に猫の公園と呼んでいるところにある桜。

通りかかるとかなりの確率で茶色の大きな猫がいるのと、公園を抜けた所に猫の里親カフェがあるからだ。

ここに個人的に注目している立派な桜がある。木自体もすばらしいのだが、その佇まいというか環境が更にすばらしい。こんなに立派であるにも関わらず、特にイベントもなければ、集って花見をしているのも見かけない。

桜いっぽんあたりの見物人占有率は重要だ。

そのバランスが悪いと、なかなかじっくり木と花と向き合うことは難しい。この観点から、ここはほぼ独占である。

土曜日の昼下がり、この桜の木の下で夫婦でゆっくりご飯を食べた。桜に訪れる鳥や虫の姿も見られる。風の音も聞こえる。

こんな贅沢はないのではないだろうか。

昨年から、地域にそここに咲く桜の木を一本一本見て回るようにしている。

確かに千鳥ヶ淵などの桜も美しい。

しかし、地域に息づく一本の桜にも、それをうわまわる情緒とともに存在しているものがある。

そんな身近にある美に、再び日本に暮らしはじめて気がついた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です