目黒不動尊の銀杏

img_20161204_009-edit-edit

前からその立派な銀杏を撮影したいと思い、今が最適ではという夜に出かけていって約10分ほど露光した。現像して見ると、撮影中に見た姿より、ずっと明るく輝いてみる。長時間露光の魅力である。

撮影中に、この地に50年以上お住いだという白髪のご老人が、隣にもう一本あったんだよ、と教えてくれた。20年前の台風で倒木したとのこと。二本の姿も見てみたかったが、この一本の黄金色が周りと調和してより美しく見えているのかもとも思ったりする。とにかく見事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください